OKINAWA
利用サービス : Sea Fox
 
那覇泊港からケラマ方面は1日、チービシ方面へは半日2ダイブ。
クルーザータイプのダイビングボートを使う。
ランチは渡嘉敷島は地元の食堂で、チービシは帰港後に近くの食堂で取る。
 
ポイント  
渡嘉敷 アリガー
サンゴの根にキンメモドキやスズメダイが群れ、砂地にはたくさんのガーデンイールがいる。
Max.22m Ave.14m
久場島南
ケーブがあり、地形が楽しめるポイント。久場島周辺はクジラ遭遇率も高いらしい。
Max.26m Ave.15m
チービシ 神山東        
沖縄らしいサンゴのきれいなポイント。
那覇から近いので多少海がシケても行ける。
Max.16m Ave.10m
ナガンヌ南
浅場のリーフでのんびりフィッシュウォッチング。
Max.13m Ave.8m
おまけ@恩納村
講習中だったためピンクマーリンクラブの
体験ダイビングツアーに同行。
明るいサンゴの庭で魚と戯れる。
おまけA御神崎(石垣島)
ここで生まれて初めて海中の世界を知った。
シーマンズクラブの体験ダイビングは本格的で、午前中はまず川平湾の浅場でシュノーケリング、
マスククリア、フィンワークなどを習い、午後ポイントに移動して潜るというもの。
 
アフターダイブ
 那覇
ステイなら、アフターダイブは街に出て思い切り遊べます。
 那覇市内には東南アジアの雑貨や洋服を扱ったお店をよく見かけます。
 琉球王国時代からの華やかな貿易の歴史の名残なのでしょうか・・・
 国際通りやパレット久茂地でショッピングや食事をしたら、泊港のとまりんで
 のんびり海や停泊している船を見ながらのお茶もいいかも。
 恩納村エリアステイなら、リゾート内で過ごすことが多いと思います。
 でもせっかくならレンタカーを利用して西海岸のドライブや観光もしたいですね。
 
おまけの話
 渡嘉敷に行った時のこと。
 エキジットの頃から急に海が荒れだし、片付けもそこそこに急いで那覇に向け出発。
 みるみるうちに天気が変わり、うねりと波がだんだん大きくなります。
 船に弱い私は最後までデッキでねばっていましたが、危険なので入るようにと言われた
 船内は固定されていないゴミ箱や荷物が飛び回る状態。
 我慢できずトイレに這って行き、揺れで勝手にフタが閉まる便座をようやくかかえたものの、
 揺れで体は飛び上がり便座に顔を突っ込みそうになり断念。(汚い話ですみません)
 再び床を這って船室に戻り、あとはビニール袋をかぶってひたすらソファーに
 しがみついていました。窓から見える高波に怯えること1時間。
 ガイド以下の全員がヘロヘロに酔ってやっと泊港に帰ってきました。
 そこでただ1人ケロっとしたキャプテンの一言。
 「いや〜こんな波は初めてだった。普通なら船は出せないな〜。5mの波だよ!」
 マジですか?でも生きて戻ってこれてよかった。でももう二度とごめんですっ(>_<)
  
 那覇にある公設市場には本当にいろんな物が売ってあります。
 おみやげ探しも楽しいのですが、ぜひお肉屋さんを覗いてみましょう。
 これでもかというくらい、ある、ある・・・見慣れないものに最初は「うわ〜!」
 ブタさんの足や内臓、耳、頭・・・そのうち怖くなってきましたが。
  
 数あるご当地ものの中で気に入ったのはタコライス。タコご飯じゃありません。
 熱いご飯の上にピリ辛のミートソースとレタスの千切り、チーズが乗っています。
 おみやげ用に売っているレトルトもおいしかったです。
 レモンに似たシーカーサーのジュースもさっぱりしていて好きかな。

        
恩納村