PALAU
利用サービス : アンテロープ
 
一日2ダイブ+1ボートまたは1ビーチ。AM2ダイブ後無人島でランチ。
食後のシュノーケリングも楽しみ。希望者のみPM1ダイブ。最終日は深夜便利用ならAM2ダイブ可能。
フロート必携。カレントフックも忘れずに!ボートは漁船タイプでトイレがないので、うーん・・・
 
ポイント
  

New drop off
中層にマダラタルミの群れ、リーフ上にはカンムリブダイの群れがいる。
Max.20m Ave.13m
Blue corner
誰もが知ってるポイント。すごいです。カレントフックに繋がり凧上げの凧状態で
ワイルドなショーを見た後は、リーフ上でのんびりフィッシュウォッチング。
Max.20m Ave.15m
German channel
もちろんマンタ狙いです。チャネル内の砂地にはジョーフィッシュやガーデンイールもいる。
Max.18m Ave.14m
Sias tunnel
イソバナのきれいなトンネル内にはマルチカラーやコリンズ、バージェスバタフライ、
ちょっと深いけど底にはアケボノハゼも。内部から見る外洋もきれい。
Max.30m Ave.15m
Ulong drop off
メアジの大群にホシカイワリが突っ込んで捕食するシーンは圧巻。ギンガメやマダラタルミ、
オオカマスの群れもいて、ブルーホール顔負けのポイント。
Max.16m Ave.11m
Ulong channel
ドロップオフからチャネルを流す。リュウキュウキッカサンゴの群生や
ガーデンイールが見られる。
Max.17m Ave.12m
Blue hole 
穴に差し込む光のシャワーを楽しむポイント。
でも穴の中には何もいないが、ウコンハネガイは見ておきたい。
Max.23m Ave.12m
Marine lake
入り江なので透明度は悪い。浅いので浮力に気をつけてマクロ観察。
ニシキテグリ、マンジュウイシモチ、ハゼ類。
Max.5m Ave.2m
Short drop off
ナンヨウツバメウオ、ウメイロ、カスミチョウチョウの群れ。
Max.16m Ave.9m
Chandelier cave
ライトを頼りに真っ暗な洞窟を進む。数ヶ所のエアドームがあり浮上してキラキラの鍾乳石を見学。
水中にも垂れ下がっているので水面近くでは頭上に注意!
Max.12m Ave.4m
 
アフターダイブ
 パラオマリンクラブ
滞在の場合、ボートを降りてそのまま部屋に帰れるので楽です。
 マリンクラブ裏のウエストプラザホテルマラカルにあるレッドルースターカフェでは
 生のレッドルースタービールと和食があります。
 トレードマーク入りの小さめのビアジョッキはおみやげにいいかも。
 定食についている煮物やおしんこはおふくろの味で絶品です。
 夕食をコロールでとるなら、スタッフに頼めば5$で送迎してくれます。
 観光地タイプの街ではないのでブラブラするようなところはあまりなく、
 遊ぶと言っても目当てのお店で簡単な買い物をするか、食事くらいでしょう。
 日本色が濃いので和食(風?)のお店もたくさんあり、一人10$程で食べられます。
 日本では珍しいシャコ貝のお刺身が食べられる居酒屋もあります。
 おみやげのTシャツを探すならWTCTが一番種類が多いと思います。
 大きなショッピングセンターで客待ちしている他は流しのタクシーはほとんどいません。
 移動の時は近くの宿泊客のフリをしてホテルのフロントに頼むのが賢明でしょう。
 メーターが付いていないので、乗る前の料金確認をお忘れなく。  
 
おまけの話
 雨季
のパラオはどれくらい雨が降るのでしょう?
 運もあるでしょうが、私達が滞在した8月は6日間の滞在中雨は1日だけ。
 晴れた日はもちろん西側のスポットを潜りました。外洋は多少うねってましたが・・・
 ポイントまで1時間くらいかかることもあるので、ウインドブレーカーは必需品です。
 パラオは電圧プラグが日本と同じなので変圧器がいらないのが便利。
 もちろんデジカメの充電もばっちり。
 
 スーパー
には日本のお菓子や食材がたくさん並んでいます。
 やはり文化圏がグアムなのでしょうか、アメリカの商品もたくさんあります。
 海外では必ずスーパーをチェックしますが、スパイスなどの調味料などは
 日本より安くておみやげにもなります。
 スーパーで買うものといえばミネラルウォーター。中国産のものが安かったです。
 注意したいのはお茶。中国のお茶には加糖のものがあるのです。
 甘くないはずのものが甘いとなると、もう大変。よく確認して買いましょう。
 
 前述のとおり流しのタクシーはほとんどいないパラオ。
 食事の後マラカル島まで帰ろうとタクシーを探しましたがみつからず、そのうちみつかるさ・・・と、
 歩き出したのですがほんとにいない。 結局1時間20分程もかけて暗い道を歩いて帰りました。
 食後の散歩と言うにはハード過ぎました。
 
 タクシーと言えば・・・
 空港到着時に来るはずの迎えが見当たらない・・・
 ウロウロする私達に声をかけて来たのはタクシーの運転手さん。
 事情を話すとサービスに電話したり空港職員に聞いてくれたりしましたが、
 結局サービスと連絡も取れず、そのうちロビーには誰もいなくなったのです。
 そして空港職員も帰る準備を始めてしまいました。
 彼の「自分が連れて行ってやる。ここで朝まで過ごすのとどっちがいい?」の一言で
 青くなった私達は、フリーでホテルにむかう人と相乗りで空港を後にしました。
 サービスに到着した私達を迎えに出てきたのはあわてふためくスタッフ達。
 タクシー代はもちろんサービス持ちでしたが、出端をくじかれてかなり不機嫌な私達。
 これまでいろんな旅をしてきましたが、到着を忘れられていたのは初めてでした。
 また、申し込み時に確認した時クラブハウスは別棟にある共同シャワーと言われ、
 部屋のグレードアップをしていたのですが、実際は同じフロアにありました。
 グレードアップした部屋はTVが壊れて映らず、何なのいったい?という旅でした。
 ま、旅にトラブルはつきものなんですけどね。